株式会社ハムロン・テック > よくある質問

よくある質問

お客様よりよくいただく質問と回答をまとめました。

Q1.自動機でカプセルが上がりません。

A1.空圧源の圧力は十分ですか。(0.4MPa以上は必要です)

     非常停止ボタンが押されていませんか。

     エリアセンサに障害物がありませんか。

Q2.自動機でカプセルが下がりません。

A2.READYランプは点灯していますか。

     非常停止ボタンが押されていませんか。

     エリアセンサに障害物がありませんか。

Q3.READYランプが点灯しません。

A3.センサの接触子を指でゆっくりと押し下げると途中で点灯して最後まで押し下げるとランプが消えると正常です。

     ワークをセットして一旦ランプが点灯して消えるようでしたら再度センサの高さ調整を行なってください。

Q4.良品がNGと判定されてしまう。

A4.カプセルやOリングにゴミが付着、又は、汚れている場合があります。
     ゴミの除去、又は、アルコールで汚れを落として下さい。

     ワーク無しの状態にて、カプセルリークテストを行なってください。(装置付属の取扱説明書をご参照下さい)

Q5.他の装置で使っているワークホルダを別のワークホルダに組込むことは出来ますか。

A5.出来ます。その場合、原点セットのみを行なう必要があります。

     型式によってはタイプファイルに設定情報が予めセットされていますので、

     タイプファイルと、センサ情報ファイルをコピーして直に使用することができます。

Q6.USBドライバがインストール出来ない。

A6.管理者権限でログインしていますか。(複数のユーザでPCを使用している場合)

     USBケーブルは接続しないで、USBドライバを単独でインストールします。

     その後、USBケーブルを接続してください。新しいデバイスが検出されますのでドライバの検索場所を指定します

   (例 C:\SiLabs\MCU\CP210x\Win2K_XP)

Q7.WPCのアプリケーションを起動するとエラーになります。

A7.”ファイルが見つからない!”、”依存するファイルの一部がありません!”のメッセージの時は、

     VB6のサービスパックをインストールして下さい。
     ”データが受信できません”のメッセージがでる場合は、通信設定画面のポート番号を確認してください。

     ポート番号は、PCの”デバイスマネージャ”を起動してPORTの項目で確認できます。

 

Q8.Windows7でWPCのアプリケーションを起動するとエラーになります。

A8.アプリケーションを”管理者として実行”を選択してください。

   (マウスカーソルをアプリケーションに移動して右ボタンにてサブメニューを表示させます)

Q9.時計用WPC8110P20でREADYランプが点灯しません。

A9.センサの接触子を指でゆっくりと持ち上げ行くと途中で点灯して最後まで持ち上げるとランプが消えると正常です。
     ワークをセットして一旦ランプが点灯して消えるようでしたら再度センサの原点セットを行なってください。

 (装置付属の取扱説明書をご参照下さい)

Q10.時計用WPC8110P20で後部よりエアー洩れの音がします。

A10.高圧コンプレッサ、ヘリウムガス等の高圧を発生させる空圧源を用いる場合、

      WPCに入力できる最大圧は、2.2MPa以内にして下さい。

  これよりも大きな圧力がかかると安全弁よりエアーがリリーフされます。

      減圧弁を調整して2.1か2.2MPa近辺にして下さい。

Q11.スタート(加圧)後、直ぐにNGと判定されます。

A12.大リーク、又は、歪み難い時計の場合が考えられます。

      SCモードでは5barで7μm、PCモードでは設定圧時に10μm以上歪む必要が有ります。(※初期設定値の場合)

  歪み量が足りない場合は、設定値の変更をお勧め致します。

Q12.設定圧まで加圧されずにNGと判定されます。

A13.設定圧前に最大歪み量を超えている事が考えられます。

  設定圧前に700μm以上歪んでしまいますと、テスト品を保護する為に、テストを停止します。(※初期設定値の場合)

  ケースのみで中身が空など、700μm以上歪んでも問題が無いと分かっている場合は、設定値を変更してお試し下さい。

Q13.排気に時間がかかる

A14.a.NG判定の場合は、排気制御機能が働いています。
     これは、時計のガラスが外れたり、割れたりするのを少しでも回避する為の機能です。
     圧が抜けるまでお待ち下さい。
  b.排気バルブのフィルタが目詰まりしている場合が考えられます。
     フィルターの交換をお勧め致します。

トップに戻る

 

優れた性能・機能について歪検出方式と差圧方式の違い

PAGETOP