水圧加圧器 HPT8601P20

HPT8601P20  
水を満たした容器内に 洩れを調べる腕時計を入れて加圧するためのアクリル製加圧容器です。
ハンドルを回して水を圧縮することにより、2MPa(約200m)まで加圧可能です。
容器本体は透明アクリル製ですので 様子を見ながら加圧、減圧することができますので複数個時計をセットして加圧中に目視比較するのに便利です。

仕様

名称 水圧加圧器
型名 HPT8601P20
圧力 0~2 MPa
精度 ±(1.0 %F.S + 1 digit)
大きさ D:210×H:250×W:250~300
本体重量 5.4Kg

方法

容器内に水のない状態から水を注ぐ場合は 内部に空気が残らないようにする必要があります。
 
(1) 加圧ハンドルを最大まで引き出しておき、本体フタのネジ中間くらいまで水を入れます。
 
(2)時計セット治具に時計を乗せて本体の水中に沈めます。容器内壁や時計、時計セット治具に気泡が付いているときは 本器にキズをつけない棒等で気泡を取ってください。気泡が多く着いている場合は 圧力が上がりにくくなります。
 
(3)フタを約4回転(ネジ切り部1ピッチを残す程度)位まで ゆっくりネジ締めをします。
(このときフタの横穴から水が溢れ出ないようであれば本体内に空気が残り、  加圧困難になることがありますので、水を足してやり直します。)
 
(4)減圧ツマミをネジ締めします。
 
(5)フタをきちんとネジ締めします。
 
(6)加圧ハンドルを回して目的の圧力まで加圧します。(CW)
 
(7)目標時間加圧が終了したら減圧します。減圧は加圧ハンドルを戻して(CCW)0.1MPa程度まで減圧し、弁ネジをゆるめて大気圧(圧力計0 MPa)にします。
 
(8)フタを回して取外し、時計(時計セット治具)を取り出します。
フタのネジが重く回しにくいときは補助棒をフタの横穴に差し込んで下さい。
HPT8601P20図

水没気密試験器一覧に戻る

 

お問い合わせ・資料請求

優れた性能・機能について歪検出方式と差圧方式の違い

PAGETOP